デジタルフォトフレーム新製品4機種発表:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

デジタルフォトフレーム新製品4機種発表 [┣ サイバーショット]

SZ6726.jpg

サイバーショットDSC-HX1と同時に、デジタルフォトフレームの新製品4機種が発表になりました。

 

新開発の“TruBlackディスプレイ”を搭載することで従来比約15倍の高コントラストを実現とのことですが、15倍ってちょっとすごすぎないですか?(^_^;) そんなに従来型モデルのコントラスト比が悪いなんて話は聞いていません。

これは実機を観てみないと、なんともいえないぞ!というところなんですが、そうそう、明日から始まるPIE2009で展示されているはずです。明日実機を観られるから、それからレポートしよっと。

SZ6728.jpg

なお、モデルのラインナップは従来の3モデルから4モデルになっています。ちょっと乱暴ですが、画面サイズと値段だけ見比べるとこんな感じになります。

  09年ニューモデル08年従来モデル 
 10.2型DPF-X1000
39,800円
 
 9.0型 DPF-V900
34,800円
 8.0型DPF-X800
29,800円
 
 7.0型

DPF-D72
19,800円

DPF-A72
14,800円

DPF-V700
24,800円

DPF-D70
19,800円

 

解像度は800×480ドットで統一されていたのが昨年モデル。今年は最大サイズのDPF-X1000が1024×600ドットにパワーアップ。逆に最少サイズのDPF-A72は480×234ドットにグレードダウンしています。

価格も14,800円とこれまたかなり安くなっていますし、これは店頭で値段しかみないお客さん向けのモデルなんでしょう(^_^;)。

HDMI端子を搭載しているのはVシリーズではなく、今度はXシリーズになります。10.2型というのもスゴイサイズです。フォトフレームというか、ノートパソコンの画面並のサイズになってそれで39,800円!

 

SZ6729.jpg

で、ソニーさんらしい新しい提案もあって、それがこれなんですが、最上位機種の「DPF-X1000」の初回出荷分にだけルーブル美術館の名画30点が収録された『ルーヴル美術館17世紀』をメモリースティックにパックしておまけしてくれるそうです。

なるほど、写真ばかりではなく、こういう名画、美術品を表示しておくというのは良いですね。趣味のものとか、さしずめ私でしたら野鳥アルバムを表示したいなぁ、とか思っていたんですけど、こういうアイデアもあるのか。

SZ6730.jpg

それぞれのモデルを「ワンランク上のインテリアとして」→DPF-X1000、「αのクリエイティブを楽しむ」→DPF-X800、「家族やペットの成長を気軽に」→DPF-D72、「アウトドア・スポーツの楽しみを自宅でも」→DPF-A72など、スタイルごとにオススメしているのもわかりやすくて良いかも。

カレンダー表示のデザインなどがいろいろ増えていたり、ハードもソフトも進化したようです。

ソニースタイルでは近日発売予定となっています。この手のアクセサリー製品は通常の1年保証になってしまうケースが多いんですが、デジタルフォトフレームは3年保証サービス付きでの販売になっているのもラッキーです!

 

★ソニースタイル デジタルフォトフレームのご案内はこちらから

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ