Windows XPダウングレードモデル発売とちょっと耳寄りな話:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows XPダウングレードモデル発売とちょっと耳寄りな話 [┣ VAIO]

SZ5939.jpg

本日15時よりソニースタイルにてVAIO type Z、type TなどのWindows XPダウングレードモデルの受注がスタートしました。

SZ5938.jpg

XPダウングレードモデルというのは、Windows Vista Businessを購入の上、Windows XPへダウンロードしてつかうことができる権利とWindows XPのOSがセットになっているパッケージです。ユーザーが自分でダウングレードするものと、ソニースタイルでダウングレードを代行してくれるサービスの2種類があり、モデルによって販売形態が違っています。

で、よくみると、このWindows XPダウングレードモデルを購入した場合、ついてくるWindows Vistaが32ビット版になることも掲載されています。どうしても32ビット版のVistaが欲しいという場合は、このWindows XPダウングレードモデルを購入するという方法があったわけですが、実はもうひとつ別の方法があります。

 

ZS0107.jpg

これは当店で購入した64ビット版「VAIO type Z」のリカバリーディスクの購入申込み画面なんですが見ると「64ビット版」と「32ビット版」の2種類のリカバリーディスクが用意されていることがわかりました。

ZS0109.jpg

リカバリデータは通常ストレージの中に収納されていて、それを自分でDVD-Rに書き出したり、そのままリカバリに利用したりするのでディスク購入の必要はないんですが、これは万一、リカバリデータを失ってしまった人向けのサービスとなっています。

ここに32ビット版と64ビット版のVistaが用意されています。ディスクは5,250円で購入できます。XPダウングレードモデルの場合は1万円ダウンで購入することになりますが、XPが不要で32ビット版のVistaが欲しいということであれば、普通に64ビットモデルを購入して、あとから32ビットリカバリーをするという方法もあります。

プチ情報でした。

 

とはいえ、実際に使ってみると、Windows Vistaの64ビット版ってかなり快適に動きます。処理速度をストップウォッチなどで計測して32ビット版と比較みてもそれほど差は出なかったんですが、なんていうか体感的な動きが非常にスムーズで、使いやすくなっています。

その64ビット版OS搭載のVAIO type Zの実機レビューメルマガを先ほど配信いたしました。これから3時間ほどかけて配信する予定です。当店メルマガ読者様、是非、また今回もおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

DSC08307.jpg

蛇足ながら、レビューレポートが終わったので、興味本位なんですが64ビット版のWindows 7ベータをtype Zにインストールしています。この週末、新しいOSの世界をちょこっとだけのぞいてみたいと思います。

 

SZ5883.jpg
★ソニースタイル 法人向けVAIOのご案内はこちらから

SZ5881.jpg
★ソニースタイル Windows XPダウングレードモデルのご案内はこちらから

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ