Picture Motion Browser Ver.3.30発表【追記あり】:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

Picture Motion Browser Ver.3.30発表【追記あり】 [┣ デジタル一眼“α”]

SZ4991.jpg

ソニーの写真・動画アプリケーション「Picture Motion Browser(以下PMB)」の最新バージョン、Ver.3.30が登場しました。無償バージョンアップなので、サイバーショット、α、ハンディカム、PMB搭載VAIOユーザーさんはすぐに利用ができます。

 

SZ4990.jpg

機能のバージョンアップ内容については、アップデートされる前のバージョンによってかなり変わってくるので「ここが変わった!」というのは説明ができないんですが、ごく最近のVer.3.2.10からのバージョンアップでは下記の2つの機能が加わった模様です。

SZ4992.jpg

eDeco機能というのは、So-net blogにもこんな機能がたしかあったなぁ、と、思わせてくれるデコレーション機能。文字を入れたりフレームをつけたりして画像を飾ることができるんですが、それが動画で可能、というわけです。機能を使って作成した動画はそのまま動画共有サイトにアップロードするか、WMV形式で保存することができるそうです。こちらのサイトにサンプルの動画があるので、それを見ると一目瞭然。

それと「ムービートレーサー機能」は動画を平面の写真に広げてくれるソフトみたいで、ハンディカムなどで横に視線移動(パン)して撮影した映像からパノラマ映像を作り出してくれる感じなんですが、これがちょっと変わった演出になっています。これもこちらのサイトにサンプル動画があるので、これを見れば一発。

ちょっと変わった写真が作れそうで、前回の顔検出機能に続き、かなり大きな追加機能搭載!という感じになっています。

 

それと同時に、今回は別途2つのソフトウェアも公開されています。

SZ4993.jpg

ひとつは「PMB Exporter for WALKMAN」です。Ver.1.1の公開となっています。

以前のバージョンでは確か静止画の転送だけしかカバーしていなかったと思うんですが、動画の転送に対応。動画フォーマットはWMVのみとなっているため、Image Converter 3.1とかの代わりにはなりません。なんでWMVだけなの?というと、きっとeDeco機能のため、ってところなのかも。

 

eDecoで作った動画、それをウォークマンに転送したいけど、なんか難しそう。。。というところに登場するのがもう一つのソフトウェアで「PMB ランチャー」になります。

SZ4994.jpg

PMBランチャーということは、なんだ?Picture Motion Browserのためのランチャーソフトなんて必要あるのかな?という気がしますが、これがまた、インストールしてみると、ちょっとびっくり。

SZ4995.jpg

起動すると、こういう画面になるんですが、項目別にPicture Motion Browser周りの機能がすべて集約されています。一度PMBをインストールしたことがある人ならわかりますが、PMB本体以外にたくさんの周辺ソフトもインストールされるんです。PMBって。

デスクトップにもショートカットがやたらと増えるので、私もPMB本体を残して、他は全部消してしまっていたんですが、なるほど、これは開いてみると便利そうです。

SZ4997.jpg

見る、取り込む、ディスク作成という目的別の項目については初心者の方向けに使い勝手が良さそうだなぁ、という感想しか出てこないんですが。。。

SZ4998.jpg

おお、なんとツールのところにはPMBの設定項目まで並ぶんですか!? しかもDSC-T2、DSC-T700というPMB Portable搭載サイバーショット用に、そのメンテナンス画面まで用意。これはかなり便利かも!

SZ5000.jpg

GPSユニットキット「GPS-CS1KSP」用に、位置データ取り込み、記録、表示などの項目があるのも良いですねぇ。まさにPMB関連機能を全方位カバーです。

SZ4999.jpg

さらにおまけにウォークマンへの画像転送のボタン、果てはサイバーショットのスライドショーBGMの転送機能までも、ここにショートカットボタンが用意されています。サイバーショットのスライドショー機能ですが、BGMは自分の好きな曲を流したりすることができるの知ってました? 「音フォト」って言うんですが、この転送方法がすごくわかりにくくて転送の仕方がわかったときはやたら嬉しかったのを思い出しました。

☆当店blog 06.12.21「『音フォト』に挑戦してみました!」

こうして、使いやすく、使いやすく進化していくんですね。PMBって。

 

「PMBランチャー」の話ばかりになっていますが、すみません、肝心の「PMB」本体の方はデータベースの再構築に30時間くらいかかると表示されていて、いま、手がつけられなくなっています。(^_^;) なんせ、会社のPCだと何万枚のデータベースなのかわからないくらいになっていますので。

本体のインストールまでもう少々お待ちくださいませ。

 

【追記】

仕事PCのデータベース構築は相変わらず終わっていないんですが(それでも再構築時間は残り2時間30分という表示になったので、劇的に短くなりました。)、あまり写真が入ってない「VAIO type TT」にインストールして試してみました。

TT116.jpg

なぜかネットワークサービスになっている「eDeco」を選択。春に行った裏高尾のハイキングの風景からハイビジョンハンディカムの映像をひとつ選択してみます。

TT118.jpg

画面上でこうしてフレームを選んで、あとは数種類の効果音をつけられるのと、コメント入力もできます。使い方は超スーパーウルトラカンタンなので、説明もなにも必要なしです。左列には自分で追加したアクションが時系列で並びます。

TT119.jpg

ムービーが完成したら最後はWMVで保存するか、動画共有サイトにアップロードするかが選べます。ここでは自分のeyeVioを選択。ログインIDとパスワードを設定すればそれだけでアップロードができるんですが、一旦、WMVに保存する必要があるようで、元はAVCHDハイビジョンハンディカムの映像なのにハイビジョン画質ではアップロードができません。

そうか、利用する人がeyeVio Pro会員とは限らないんでしたね。ということで、アップロードしたのがこの映像です。

 

それともうひとつ。「ムービートレーサー」がこれ。

TT120.jpg

パン(視線の横移動している映像)している動画って、私はあまり持っていないんですが。。。ありました、妻が撮った高尾山山頂の様子を全部撮ってくれているものが。これを「ムービートレーサー」に読み込ませると。。。ちょっと時間をかけて、映像解析を行うようです。最高で3分の映像までと上限が決まっているのはこのためのようです。

TT121.jpg

解析が終わったら動画再生。動画が再生をしながら、視線の横移動と一緒に画面が横の方に移動していって、最終的にこういう映像が出来あがりました。私の移動を追って横にカメラを振っているんですが、それなりに風景だけの映像ができるのが不思議です。

TT122.jpg

最初からこういうパノラマ映像を作るつもりでいるなら等スピードでゆっくりパンをするとよいのかも。それように撮っていなくても、それなりに出来ているので今度はちゃんとした動画を撮って試してみよっと。最終的に静止画で保存することもできるので、山ハイキングとかで山頂の風景を撮ったりすると楽しいかな!?

 

☆「PMB(Picture Motion Browser)アップデートプログラム」提供のご案内はこちらから

☆「PMB Exporter for WALKMAN」提供のご案内はこちらから

☆「PMB ランチャー」提供のご案内はこちらから

 

SZ2300.jpg
★ソニースタイル ハイビジョンハンディカム「HDR-TG1」のご案内はこちらから


☆当店ホームページ 「ハイビジョンハンディカム HDR-TG1 店員の声 編集編」 

 

SZ4179.jpg
★ソニースタイル サイバーショット「DSC-T700」のご案内はこちらから

SZ4253.jpg
☆当店ホームページ 新型サイバーショット「DSC-T700」店員の声

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ