『α900』実機レビュー第2話「インテリジェントプレビューの話」:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

『α900』実機レビュー第2話「インテリジェントプレビューの話」 [┣ デジタル一眼“α”]

週末だけ、レビュー用にお借りしていたデジタル一眼レフ「α900」なんですが、先ほど、帰って行かれました。週末は一緒に高尾山にいけて思い出づくりができたのが嬉しかった!

今日も機能説明のための写真撮影をいっぱいさせてもらっているんですが、第一弾ファインダーレポートの次は、大注目の新機能「インテリジェントプレビュー」の紹介です。α900の実機を持って、なにをしたかったって、これを一度試してみたかったんです。

 

どんな機能かについてはおって説明いたします。まず、αに搭載されているプレビューボタンというものなんですが、これ自体はα100、α700にも搭載されています。レンズの根本にある横方向のボタンです。

ファインダーをのぞいているときは基本的に絞りが解放状態になっているため、もっともピントの山がつかみやすくなっているんですが、このプレビューボタンを押すと、実際の撮影時の絞りに絞り込むため、被写界深度の確認ができる(その代わり画面が暗くなる)という機能がα100、α700では用意されていました。

α900にも搭載されており、プレビューボタンを押している間は、実際の設定されている絞りに調整して被写界深度の確認などができるんですが、ボタンを離すと背面液晶に実際にシャッターを切ったときの映像が表示されるんです。これが「インテリジェント・プレビュー」機能になります。

で、これが非常に便利というか、この時点で露出補正、Dレンジオプティマイザー、ホワイトバランスの設定ができるんですけど、馬場先生に教わった、このインテリジェントプレビューの使い方がすごいんです。

これだったら、α350に搭載されているライブビューよりも使える!という使い方。なるほど「機能を知っている」というのと「機能を使いこなす」というのでは意味が全然違うことを知らされました。

ということで、その機能の『使いこなし』を自分で実際に試してみます。

今回の被写体はVAIO type Zと、手前にあるクリーニングキットです。パソコンの画面を撮影したことがある人はおわかりになるとおり、発光体って白く飛んでしまいがち。ここでは実験ということもあるので、液晶画面の輝度は最大にしてあります。これでVAIOの画面と、手前の黒いクリーニングキットの素材感を一緒に映すのを目標にします。時間はすでに夜で照明は室内灯となっています。

まずは、ここでプレビューボタンを押して、液晶に撮影予定画像を映します。この画像はメモリースティックには記録されません。あくまで内部メモリにあるだけの状態。

これで見るとやはり液晶画面が明るすぎて白く飛んでいますね。露出補正でマイナス側にシフトさせて白いところを抑えましょう。

シャッターボタン脇にあるダイヤルを回すとこれで露出補正ができます。カリカリと回してここでは明るく白飛びしているところだけを補正。手前のクリーニングキットが黒くつぶれてしまっているのは気にしません。

露出補正はマイナス0.7EVくらいが良いようです。

続いてはスティックを使ってカーソルを右にひとつ移動。隣はDレンジオプティマイザーの設定になっています。

Dレンジオプティマイザーというもソニーのデジタル一眼レフ「α」シリーズならではの機能。明るいところの白飛びを抑えつつ、黒い部分が潰れないように、画質を補正してます。人間の目に比べて明るさのダイナミックレンジが狭い、光学センサーの特性を人の目に合わせてくれるような機能。これもシャッターボタン脇のダイヤルで設定を変更できます。

まずはノーマルの「D-R」モード。グラフの黒いエリアがやや持ち上がっていますが、それでも液晶で見るとまだまだ。

「D-Rアドバンス」モードにあげてみました。これでクリーニングキットのファブリック地がやや見えてきましたが、素材感がわかるところまでもうちょっとDレンジオプティマイザーの効きをあげたいところです。

さらにダイヤルを回します。

すると、α700にも搭載されていますが、Dレンジオプティマイザーのレベルを調整できるモードに入ります。ここでシャッターボタン側ではない、ボディ側の手前のダイヤルを回すことでレベル変更ができます。

最高レベルの5にしてみると、露出は変更していないのに、この黒い部分だけ思い切り浮き上がってきます。まさにレフ板をあてているような感じで手前の黒い部分だけが明るくなるんです。

これはちょっとやり過ぎなので、レベルを落としますが今回はレベル3くらいが適正ですかね。

従来であれば、こういう作業は変更を加えてはシャッターを切って、それでプレビュー画面を見て、また設定を変更して。。。ってやらないと調整できなかったのですが、α900のインテリジェント・プレビューではそれが撮影前にこうして液晶を見ながら微調整可能。

で、その「液晶を見ながら調整」の真骨頂がホワイトバランス調整でした。

まずはスティックを右に倒してホワイトバランスモードにカーソル移動。AWBというのはオートホワイトバランスです。これをやはりシャッターボタン側のダイヤルを回すことで他のモードに変更できます。

これが室内であれば普通に利用する蛍光灯セッティング。うーん、でもこれだとなんかイメージと違います。これはいかにも室内で撮影した、という雰囲気になってしまいます。

そこでマニュアルモードに移るわけですが。。。

ホワイトバランスをここで色温度設定するようになります。5500kというのは5500ケルビンと呼びます。で、このホワイトバランスの数値がまた意味がわからなくて自分ではいじれないんだよなぁ。。。なんて、思うところなんですが、馬場先生に言わせると、そんな難しいモノではないと。

そう、ここでα900の手前のダイヤルを回すと、そのままホワイトバランスの数値がどんどん変わります。

それに合わせて液晶画面の中のホワイトバランスの設定も変えられるので、自分が実際に見ている被写体と、液晶モニターの色が同じだと思えるところまでダイヤルを回しましょう、ということに。

なるほど! これは簡単!! ホワイトバランスの理屈がわかっていなくても、見た目と同じ色になるようにダイヤルを回すのなら誰にでもできてしまいます。

ガラガラとダイヤルを回して、ちょうど良いところを見つけたのがこれ。4700kくらい。

さらに、蛍光灯が光源として使われているなら、マゼンタをちょっといじるとさらに自然な色になるよ、ということだったので、ここではもうひとつ、シャッター側ダイヤルを回して色補正モードにカーソルを移し、ここで手前側ダイヤルを調整。M2にしたらまさに自分で見ている被写体とまったく同じ色になりました。

これはスゴい! まさに見た目で調整ができてしまうし、わかりやすいです!!

あとは、そのままシャッターボタンを切るだけ。シャッターを半押しすると、今、インテリジェント・プレビュー画面で設定したデータがそのまま引き継がれていることがわかります。露出補正は-0.7EVになっているし、Dレンジオプティマイザーはレベル3になっています。ホワイトバランスもマニュアルで調整した4700Kのマゼンタ2。

もう一度シャッターを押せば。。。

はい、ご覧の通り、希望通りの写真が撮れました。というわけです。

こういう調整って他のモデルではできないのか?と言えば、実はRAWで撮影してあとで現像ソフトを使えば、同じ事ができてしまうです。ですが、RAW現像の場合は一度PCにデータを移して、後日、補正をしなければいけないため、現場で色合わせすることができないんですよね。

でも、この方法を使えば、現場で見た目通りに色の補正ができるわけで、私にとってはまさに目からウロコが落ちるような使い方でした。

この方法を教わってから自分のα350のライブビュー機能でも同じ事ができるんじゃないかな?と、思って試してみたところ、露出補正もDレンジオプティマイザーもホワイトバランスも別々の項目として呼び出してライブビュー画面で調整することは可能。ただ、どれも全部別々の項目なのでα900ほど、スムーズにできないのと。。。それとα350の場合はサブカメラを使っているんですよね。微妙に撮影用センサーとは色が違うので、ちょっと厳しい感じがします。(>_<)

α900の場合はまさに撮影用のセンサーを使って、こうして画作りができるわけでそういう意味ではライブビュー機能以上に使い勝手のよい機能とも言えるわけです。

α900にライブビュー機能を期待していた方とかいらっしゃるかもしれませんが、このインテリジェントプレビュー機能の使い方をマスターしちゃったら、きっと「ライブビューなんていらないや!」と言えるかも!

 


★ソニースタイル デジタル一眼「α900」のご案内はこちらから
※デジタル一眼レフ「α900」のスペック詳細はこちらでご確認いただけます!

★ソニースタイル デジタル一眼「α900」のメール登録はこちらから
※デジタル一眼レフ「α900」の最新の販売状況を知るならまずはソニスタメール登録です!

 

☆当店blog 08.9.10「ソニーデジタル一眼『α900』発表」
※当店blogコンテンツ プレスリリースで読む、新型α900の詳細はこちら!

☆当店blog 08.9.10「SDC2008で『α900』実機を触ってきました」
※当店blogコンテンツ プレスリリース当日の当日に早速実機を触ってきました! ファーストインプレッションはこちら!

☆当店blog 08.9.26『α900』実機レビュー第1話「ファインダーの話」
※当店blogコンテンツ 発売まで特別実機レビューレポートがスタート! 第一弾はそのむちゃくちゃ明るいファインダーの話から!

☆当店blog 08.10.7『α900』実機レビュー第3話「高尾山遠足の話」
※当店blogコンテンツ 借り物のα900を高尾山に持っていって写真遠足!

☆当店blog 08.10.7『α900』実機レビュー第4話「フルサイズCMOSの話」
※当店blogコンテンツ α900に搭載されるフルサイズCMOSセンサーについて実験してみました

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ