副都心線で遊んできました:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

副都心線で遊んできました [┣ デジタル一眼“α”]

昨日の写真日記です。昨日は開通したばかりの東京メトロ「副都心線」に乗って遊んできました。

 

出発する直前にテレビを何気なくつけたら、緊急地震速報がNHKで放送されているのを発見。初めてみたんですが、繰り返し、地震の注意をうながしていました。その1分後くらいにはこちらにも揺れが伝わってきて、ビックリ。

このまま外出しても大丈夫なのか、結局、2時間ほど予定よりも出発時間を遅くすることに。ちょっと判断が難しかったんですが、やはり東京では最後の地下鉄の開通。初日に乗りに行きたいんです。

ちなみに有楽町線は私が社会人になってからずーっと乗っている電車。20年近く乗り続けていて、その列車の案内板に「渋谷」なんて出るのは初めて。うわぁ、新しい電車ができたんだ!って、最初から実感できます。(今まで、上りは池袋と新木場しかありませんでした。)

渋谷まで乗り換え無しで行けるようになるってすごい!

そして、今日はこんな切符を買ってみました。地下鉄1日乗車券、大人一人710円です。今日はこの切符の元を取るべく、地下鉄「副都心線」に乗りまくります。

出発は和光市駅。やってきた渋谷行きの副都心線、普通列車に乗ります。車内広告は半分が副都心線開通のもの。なんか特別列車に乗ったような気分です。

今回はいつもの写真だけではなく、音も記録してみよう!ということでソニーのPCMレコーダー「PCM-D50」も持って来ました。

こうした音の生録とかしようとすると、昔は録音デッキとマイクロフォンと両方持って大荷物という雰囲気でしたが、PCM-D50であればメカデッキもマイクロフォンも一体型になっているうえ、走行系のパーツもなくメモリ記録なので回転ノイズの心配もなし。

手軽&高音質を実現してくれています。これを使って副都心線の「音」をたくさん記録してみたいと思います。

その前にちょっと雰囲気をつかむべく、千川で一旦下車してみます。千川駅、要町駅は地下2階が有楽町線、地下3階が副都心線というつくりになっているそうです。

ここは副都心線の千川駅。真っ白な駅でさすが新品って感じです。

こちらはひとつあがって有楽町線の千川駅。こうして比べてしまうと黄ばんでしまった古い駅というイメージになってしまいます。そうか、こういう違いがあるのか。。。

そんな下調べをしつつ、実質的なスタート地点、「池袋駅」へ。

ここは今まで新線池袋駅となっていたところ。数年前からなぜか有楽町線の池袋駅がふたつになっていて、従来の池袋駅のほかに、新線池袋駅という西口のちょっとはずれたところに駅が新しくできていました。そこが副都心線の池袋駅になるわけです。

で、まずはこの池袋駅の発車ベルを録音。これを池袋~渋谷の全駅でやっていってみたいと思います。それが、今回の旅の目的です。副都心線の1日目の風景と音の記録です。まるで鉄っちゃんみたいです。

池袋駅の発車ベルの音声がこれです。

池袋駅をちょっと散策してみます。これは東武デパートの前ですが、東武デパートと西武デパートと同時に案内所を作りました、という図。東武にも西武にも作っているそうですが東武にないものは西武へ。西武にないものは東武へ案内するそうです。

渋谷へつながったことで、池袋デパートもお客様を逃がさないようにするための努力なんだとか。

そして、そのまま東武デパートへ向かって、副都心線開通記念グッズを目指します。まずは、東京ウォーカーに乗っていたこの和菓子のお店へ。

残念ながら完売していました。限定30個では、瞬間的になくなっていたことでしょう。さすがにこれは買える気はしませんでした。

続いては西武デパートへ移って、池渋えびせんの購入を目指すんですが。。。ここも当然、売り切れていました。一人で何パックも買っていってしまうそうです。残念。

ここも買える気はしていませんでしたし。

が、このあと、奇跡的に限定グッズが買えるお店を発見。西武デパートに入っているドンクさんというパン屋さんで、ここは限定数がなく期間限定でメトロパンを販売中。めでたく、このメトロパンを購入することができて、それが今朝の朝ごはんになったわけです。買えてよかった。

このデパ地下の音声がこちら。。。

そのまま、池袋駅を一周して、名物のいけぶくろうの写真を撮ってから再び副都心線に乗ります。

普段、通勤で毎日通り過ぎている池袋駅でしたが、観光気分で来るとなんか違ったイメージになりますね。では、ここから副都心線を一駅ずつ、遊んでいってみましょう。

続いては雑司ヶ谷駅です。発車ベルの音はこんな感じ。

きたことのない土地ですが、ここをエスカレーターで地上に向かいます。和光市→池袋で230円。池袋→雑司が谷160円で、ここまでで電車賃は390円です。

雑司が谷の商店街も抜けて、みみずくの像を目指します。

池袋はふくろう。雑司が谷にはみみずくのモニュメントがありました。

また、ここには都内でもっとも古い駄菓子屋さんがあるとかで、そこにもお邪魔してきました。雑誌で紹介されていたからなのか、人だかり。

鬼子母神堂という、安産の神様が有名。特に身近に妊娠している人はいないんですが、ここで少子化に歯止めをかけるべく、全人類の安産をお願いしてきました。

帰りには都電荒川線の踏み切りも渡り、これで雑司が谷一周の旅が完了。

東京メトロの雑誌もいただいて、これで新たな情報を入手しつつ、次の駅を目指します。

続いては西早稲田駅です。土曜日には「アド街っく天国」でも特集されていました。

地上にあがると、目の前はオリンピックです。ここ、去年花火に放火されて火事になったところですよね?

で、そこのお向かいにアド街っく第13位の、ラーメン屋さん「えぞ菊」があります。ガイドブックにも大きく紹介されていたので、ここでお昼をいただきます。大行列になっていますが、はい、1時間並びました。

この日は副都心線開通セールということで、通常750円のみそラーメンが400円のセール価格になっているとのこと。並んでしまいました。

正確には1時間10分並んで出てきたのがこちらのみそラーメン。正直言って、かなりおなかが空いていたので、何を食べてもうまい!と感じられるはずなんですが、まぁ、こんなものかなぁ。。。もやしがてんこ盛りで、量もかなりあるんですが、それも400円だと思うからで、これが750円だったらここまでは並びません。(^_^;)

特別セールだったからなのか、ちょっと味が薄めに思えました。こういう有名店って行くと、ことごとく辛口評価になってしまう私って、舌の感覚がおかしいのかも。

その足で腹ごなしに戸山公園へ歩いていきました。学習院女学院の脇を通って、あるいて10分くらい。

ここに、山の手線内でもっとも標高の高い箱根山があるそうで、そこの登山に挑戦です。

歩いて1分ほどで山頂に到着。周りは木に覆われていて見渡しはまったく良くはありませんでした。標高44.6mなんてこんなものなんですね。

箱根山からは次の東新宿駅の方が近いんですが、わざわざまた西早稲田まで戻って副都心線に乗車。

東新宿駅へ到着です。390円+160円+160円=710円になりました。これで地下鉄1日乗車券の元が取れました。

ここは新大久保のコリアタウンが近いとかで、ちょっと散歩してコリアタウンの様子を見学。数年前はもっと盛り上がっていたそうですが、韓流ブームとともに、ちょっと落ち着いてきてしまったかな?とは妻の弁。

たしかに耳を傾けるとハングル語があちこちで耳にすることができます。ちょっと海外旅行気分が味わえます。

そして、次は急行の止まる駅「新宿三丁目」に到着です。

新宿三丁目駅にはかなり長い地下アーケードがあり、それが名物とのこと。確かに向こうが見えないほどの長い廊下が続きます。

途中には二層デッキが見られる部分もあり、地下のホームが見える部分も。副都心線の様子が上の通路から見られます。

ここ、新宿三丁目駅では限定販売の副都心線1日乗車券や、プラレールの限定グッズが販売されていたそうですが、さすがに午後に行っても売っているわけがなく、全品完売していました。

買えるものなら買いたかったんですが、まぁ、仕方がありませんね。

そのままB7出口まで進み、紀伊国屋さんへ本を買いに立ち寄ります。その途中に丸の内線の乗換え口も発見。私が副都心線を使って四谷に通勤するとなると、ここで乗換えをすることになるんですが、うん、乗り換え方法はわかりましたよ。

明日、利用してみようかな?

そして、ここで時間切れ。出発が2時間遅くなってしまい、ここで夜の19時を迎えます。そろそろ帰りましょう。北参道駅、明治神宮前駅はそのまま通過してしまいます。

本当は立ち寄りどころ、見所は用意しておいたんですが、またの機会に。。。

そして渋谷駅に到着。ここ、渋谷駅はさすがに楽しいことになっていました。本来は東急東横線がつながるはずだったそうですが、用地買収と工事が難航したとかで開通は2011年に延期されたとのこと。

その東横線が入るはずだったホームは閉鎖されてこうしてその予定地を見学できるようになっています。

そして、その東横線に入ってくるはずの線路は途切れていて、そこをホームから直接、入線するところを見られるようになっています。たくさんの人が副都心線が入ってくる様子を撮影していました。

ここがこんなに混んでいるのは、今日だけなんでしょうね。

そして、宇宙船のデザインになっているという渋谷駅。全体像が見えないのでどうなっているのかわかりませんが、これが地下ホームから改札に出てくるところ。

宇宙船っぽいといえば、宇宙船っぽいかも。

これは吹き抜け3層になっているところを上からのぞいたところ。吹き抜けがそんなに珍しいのか?といえば、やはり珍しいですよね。

こうして吹き抜けを作ることで、地下まで自然の風が届くんだとか。そういわれてみたらここは地下鉄駅にもかかわらず、自然の風を感じることができます。不思議な駅ですね。

そして最後に、この渋谷駅を折り返します。宇宙船を模したエスカレーターから地下に降りていきます。

この渋谷駅は東京メトロの管轄ではなくて、東急の管轄になるんだとか。そういえばここには副都心線でやっていた一駅ごとのカラーテーマが配されていません。ここだけ雰囲気が違うみたいです。

ここまでは各駅停車でひとつづつやってきましたが、さぁ、帰りは待望の急行に乗ってみましょう。渋谷で乗って、新宿三丁目、池袋、小竹向原、和光市と、4駅とまったらそこは副都心線終点の和光市駅。なんて便利なんでしょう。

地下鉄の駅で途中駅を通過するのは初めて。どんどんすっ飛んでいきます。急行電車。。。すげぇ!!

あっという間に地上駅、和光市駅まで戻ってきました。

最後は710円+160円+270円で1,140円分の乗車になりました。430円分お得した計算です。

今日の収穫はデジタル一眼レフでの写真が約300枚。音声ファイルが約1時間。そして、PSPでの各駅でのPlaceEngineログでした。

音の編集はVAIO type Tに搭載されている「SonicStage Mastering Studio」を利用しました。ビデオでも写真でも音声でも、AVノートパソコンVAIOがあれば、やりたいことはオリジナルソフトだけで一通りのことはできるのが魅力です。

さて、明日はどうやって会社まで行こうかな。。。有楽町線ではなく、副都心線で行ってみようかな!?

久々のPCM-D50での録音ですが、忘れていました。風がマイクに当たるとかなり雑音がすることを。地下鉄ということで風は当たらないと思っていたんですが、帰ってきてから聞いてみると、エアコンの風がぼこぼことかなりの音をさせています。風防(ウインドウスクリーン)はいつでもつけておかないといけませんね。

 


★ソニースタイル リニアPCMレコーダー「PCM-D50」のご案内はこちらから


★ソニースタイル ウインドウスクリーン「AD-PCM1」のご案内はこちらから

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ