Mr.イナバーのみんなのαレッスン」の第6回目:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

Mr.イナバーのみんなのαレッスン」の第6回目 [┣ デジタル一眼“α”]


コンテンツ紹介になりますが、ソニードライブのαコミュニティーにある「Mr.イナバーのみんなのαレッスン」の第6回目が掲載されました。6回目は「これまでの質問にお答えします」ということなんですが、ちょっと個人的には目からウロコな話がありました。




「これまでの質問にお答えします」メニューには「AUTOモード」と「Pモード」の違い、構図の決め方、ピントの合わせかたなどが掲載されているんですが、その扉ページのこの写真にちょっと感激。これは別に空撮で撮ったわけではなくて、観覧車から撮影した写真とのこと。


なるほど、工夫次第でこういう風景って身近なところにあるんだなぁ、と、一発で感激してしまったんですが、目からウロコだったのはここではありません。



まずはコントロールダイヤルのことなんですが、プログラムモードにしているときに、コントロールダイヤル(シャッターボタン近くのダイヤル)を回すとシャッタースピード、絞りが変化するのは知っていて、絞り優先、シャッタースピード優先にしなくても、ある程度いじれるのは知っていたというか、非常に明るいところで絞りを開放にしてしまうと、シャッタースピードが追いつけず白飛びすることがあるため、昼間はプログラムモードを使って、知らず知らずのうちにコントロールダイヤルをいじることがあったんですが、これ、ちゃんと機能として紹介されていました。


なんとなく使っていた機能ですが「Ps」と「Pa」という二つのモードがあり、標準ではPsモード。コントロールダイヤルをいじるとシャッタースピードが操作できるようになっていたそうです。


メニューからコントロールダイヤル設定を変更すれば絞り優先のプログラムモードにすることもできるそうで、これは早速、設定せねば!!


Mr.イナバーさん、ありがとうございます。m(_ _)m


 



それと構図の話ですが、この3分割構図というのは雑誌ででもなんでも良く見るというか、構図の取り方の基本みたいに話がありますが、他にも2分割構図、シンメトリックな構図の話も紹介されていました。なるべく型にはまった写真は撮りたくないんだよなぁ。。。と、言いつつも、こういう話を知っていないと人に写真を見てもらったときにどこが良いのかとか、わからないことがあるんですよね。


ものすごい豊富な作例があるのと、単にポイントを教えてくれるだけでなく、締めのところに「次の写真のポイントはどこでしょうか?」なんて感じで読み物として楽しませていただきました。


 


こうしてWeb上でメーカーさんの写真講座が楽しめるのもソニーのαならでは! こういうのを読むとまた、どこか写真を撮りに遊びに行きたくなっちゃうんですよね。


 


★ソニードライブ αコミュニティー「Mr.イナバーのみんなのαレッスン」はこちらから


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ