VAIO type LのHDD換装の話:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

VAIO type LのHDD換装の話 [┣ VAIO]

土曜日に秋葉原で買ってきた500GB HDDですが、これを自宅の「VAIO type L 19型」に入れてみようと思います。

 

今まで使ってきたtype L 19型の「VGC-LA90S」ですが、搭載ドライブは160GBというかなり容量の少ないHDDでした。音楽データだけで30GB消費してしまい、そこにもってきてデジタル一眼αの写真データが入ってきたため、かなり容量が圧迫されていました。

それがたった1万円ちょっとで500GBへ、約3倍の容量にアップグレードできるんです。自分で交換しちゃいましょう!

なお、購入したモデルはソニースタイルのワイド保証モデル。一度自分であけてしまうことで保証が全部パーになることはありませんが、HDD交換を原因とする故障については有料になってしまうリスクがあります。そのあたりは了承の上、すべて今回も自己責任で作業をすすめようと思うのですが。。。

web上で検索してもtype Lの分解記事が見つからなかったので、ちょっと自信がなかったりします。ちょっと道具がそろっている会社でその様子を見てみよう!ってことで、練習?ということで「VGC-LA92S」の様子を見てみることに。

まずはtype L 19型の電源を落として15分ほどおいておきます。熱を冷ますというよりもコンデンサーなどにたまっている電気がなくなるのをまつわけです。で、それから装着されているUSBメモリなどを外して背面パネルをパコッとはずします。

背面パネルをはずしたら、写真の様に液晶パネルを下にして平らなところに置きます。

で、背面から見えるネジというネジを全部はずしていくわけですが、まずはこのスタンド部分からはずします。スタンド自体は6個のネジで止まっていて、そのちょっと上部にも2カ所ネジ止めされています。この8カ所はちょっと小さめのネジになっているので、このスタンド部分から外します。

ネジをはずすとスタンドが外れます。

続いて、背面のネジを全部とっていくんですが、VGC-LA92Aでは、写真中央ちょっと左のところに隠しネジというか、シールで隠れているネジがあるので、これも注意。自宅のVGC-LA90Sではこのシールはありませんでした。

シールは簡単はずれます。なくさないように注意。

で、背面のスタンド部以外のネジですが、左右3個ずつの両翼のネジだけちょっと規格の違うものになっています。全部プラスドライバーだけではずせるんですが、種類が違うものがあるので、どのネジがどこにつけるものなのか、ちゃんと記録をとりながらはずしましょう。

自分で分解してメンテナンスする向けのモデルではないので、このあたりはちょっと難しいですよ。

ということで背面のインナーカバーを外したところがこれ。ポリカーボネートのシャーシに、厚みが出ないように部品が張り付いています。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、手前の灰色のプラスチックにユニットにHDDが収まっています。この灰色のプラスチックユニットをはずしていきます。

後から知るのですが、VGC-LA92SとLA90Sではこのあたりのシールドの具合が違っていて、初期型のLA90Sではここらへんは丸裸。半年後に発売されたLA92Sでは、あちこちにシールドが施されています。これらはテープでとまっているだけですので、適当にはがしていきましょう。

それと、これはちょっと注意しつつ取り外すことになりますが、有線LANのケーブルをはずし、あちこちでとまっているゴムバンドもはずしていきます。これを外していかないと、HDDユニットが取り出せません。

ということで、ようやく外れたHDDユニットがこちら。

ちょっと大きめの4本のネジでHDDがこのユニットに固定されているので、ここで4本のネジをはずします。

4本のネジをはずせば、これでHDDユニットがようやくでてきます。ここも銅色のシールドをされていますが、なんでしょう? これは共振防止とか、防音のための加工なんでしょうか?

このHDDカバーを外せば、HDD換装作業も最後です。ちなみにこのカバーもLA92Sだけのもので、自宅のLA90Sにはありませんでした。LA90SではHDDが裸のままでHDDユニットにとまっています。

ということで、全体の作業の流れを、会社の展示用VAIOで確認。自宅で同じことをして最終的にVGC-LA90Sを500GB仕様にしています。

換装したHDDにはなにもデータは入っていません。HDD換装前に、VAIOでリカバリーディスクを作成しておき、そのリカバリーディスクから起動させて、OS、アプリケーションを入れ直してあげて、最後にユーザーデータを入れてあげれば、引っ越し作業も終了です。

自宅のVGC-LA90Sの場合は、いったん、Windows XP状態でリカバリーして、それをさらにWindows Vistaにアップグレードする必要が本来はあるんですが、せっかくのリカバリー作業なので今回はWindows Vistaのクリーンインストールに挑戦しています。

今日の午前中にデータのバックアップ作業を全部行い、午後になってからHDD換装。夕方からOSのインストールを何度か挑戦中。いろいろなインストール方法を試していて、まだアプリケーションリカバリーを行っているところ。

でも、先日のメルマガで紹介したとおり、Windows Vistaには「Windows 転送ツール」が搭載されています。OSとアプリケーションのインストールだけできれば、ブラウザ、メールの個人設定などは簡単に元に戻せてしまうので、気が楽。

こんな風に1日がかりのリカバリー作業になっていますが、OSのクリーンインストール実験とかやらなければ、もっと早く済んでいたんです。(^_^;) なんとか今日中には、元の環境に復帰させられるかな?

今日は、自宅VAIOのリカバリー作業以外にもいろんなことをしているんですが、あいにく、その話をエントリーするためのVAIOがないもので、それらの話はまた明日以降。。。(ちなみに、このエントリーはモバイルノートのtype Tから書いています。)

 


★ソニースタイル 新型「VAIO type L 22型」のご案内はこちらから

★Javaメニューが作れるBDドライブ搭載モデルは242,800円~

 


★ソニースタイル 新型「VAIO type L 19型」のご案内はこちらから

★Javaメニューが作れるBDドライブ搭載モデルは235,800円~

 

☆当店ホームページ「Windows Vistaに引っ越そう! 新型type S 店員の声」はこちら

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ