行くぞ!『HDR-CX7』を買うぞ!!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

行くぞ!『HDR-CX7』を買うぞ!! [┣ ハンディカム & アクションカム]


さぁ、間もなく!! 本日の17時からメモリースティック・ハイビジョン・ハンディカム『HDR-CX7』がソニースタイルにて受注開始になります!! 受注開始直前ですが、当店もレビュー用に気合いを入れて購入する予定!! 受注開始直前の購入計画作戦です!



まずはハイビジョンハンディカム「HDR-CX7」本体ですね。ソニースタイル価格が128,000円。ハイビジョンハンディカム本体の価格としては、かなり低価格。記録メディアとして大容量メモリースティックが別途必要になりますが、メモリースティックはサイバーショットやαに使い回しが効きますからね。ハンディカムのためだけでないところがGoodです。


メモリースティックを記録メディアに使うと言うことは、従来みたいにDVテープやHDD、DVDと言った記録メディア搭載部分が無いに等しくなるわけで、そのサイズ感はかなりコンパクト! その本体の様子にはついては、先日、お台場ショールームで観てきた通りです。私も実物を見たら、これは物欲が刺激されまくりでした。


AVCHDとHDVの2つのハイビジョンフォーマットですが、この夏発売されたニューモデルはすべてAVCHDモデルだったことを考えても、ソニーさんの軸足がAVCHDに移ったという感じはしまくり! もうメモリースティック・ハイビジョン・ハンディカムを購入しない手は無いんじゃないかと!!


本体価格128,000円ですが、ソニースタイルでは「New Camera Life Campaign」を開催中。HDR-CX7の場合、ソニーポイント13,000円分のプレゼントがあるし、スタメンの方でSTARを貯めている方の場合、伝家の宝刀「AV製品15%OFFクーポン」もあるわけです!


これらを総合して考えたら。。。95,800円で買えてしまう計算!! 支払いをSony CardのeLIO決済にすればさらに3%OFFになるので、実質92,536円ですよ!! なんか「ハイビジョン・ハンディカム」の価格ではないじゃないですか!! こんなに安かったら!!


 


で、昔だとハンディカムを買う!ってなると別途バッテリーキットを購入する必要があったんですが、今は製品に基本的なパッケージが全部揃っています。メモリースティックだけあれば、それだけで使えるようにはなっているんですが、より快適に使うために各種オプションパーツが用意されています。


当店で同時に購入しようと思っているのはこんなもの。


 



液晶保護シート『PCK-L27W』 ソニスタ価格:1,134円


これはタッチパネルを採用しているHDR-CX7の場合、必須でしょう! 液晶画面自体を指で押して各種操作をすることになりますので、是非、一緒に購入しておきたい透明シートです。2枚入りになっているので、とりあえず予備を買っておく必要もありません。


AV15%OFFクーポンは本体だけに適用されるのではなく、同時にバスケットに入っている製品全部に適用されます。こういうものもまとめて買った方がオトク! 忘れずに一緒にバスケットの中に入れましょう。


 



ワイドコンバージョンレンズ『VCL-HG0737C』 ソニスタ価格:17,010円


ちょっと高価ですが、これも是非一緒に購入したいアイテム。広角0.7倍になるワイドコンバージョンレンズです。今まで、普通にビデオカメラを使っている方が、このワイコンを装着すると「あ、なんかテレビで良くみる旅番組みたいな画角で撮れる!」って、ちょっと感激するはず。


そう、DVカメラ登場以来、テレビ番組でも民生用のハンディカムなどが使われることが多いのですが、そういうプロの方達はほとんどの場合、このワイドコンバージョンレンズを使って撮影しています。


本体が猛烈な小型ボディになっているHDR-CX7の場合、その小型な取り回しの良さを若干スポイルすることになりますが、ボディの長さが長くなるだけ。装着すると画角を決めるのが楽になりますよ。


 


 



リチャージャブルバッテリーパック『NP-FH70』 ソニスタ価格:11,340円


そして予備のバッテリーですね。本体に同梱されているのは「NP-FH60」という非売品のバッテリーで液晶モニターを使った連続撮影で95分、実撮影で45分という目安になっています。



そのNP-FH60と同じサイズで大容量になっているのがNP-FH70です。このバッテリーを装着することで連続撮影150分、実撮影75分となります。2倍まで行きませんが、これだけでかなりのスタミナ撮影が可能。


よくあることですが、充電したつもりだったのが充電できていなかった事が旅行中撮影しようとしたら発覚。。。知らない間に電源が入って録画してしまい、いざ撮影しようと思ったらバッテリーがなくなってっしまった。。。なんて事故も、予備バッテリーが1本あるだけで防げます。


いくら小型ボディでもバッテリーがなかったら、HDR-CX7は撮影ができません。是非、予備バッテリーは1本!



アクセサリーキット『ACC-TCH7』 ソニスタ価格:15,120円


で、その予備バッテリーの話ですが、こんなお得なキットも用意されています。バッテリーはソニスタ価格:11,340円のNP-FH70が同梱されてて、さらにバッテリーチャージャーの「BC-TRP」ソニスタ価格:8,400円がついて、さらにハンディカム本体も収納できるキャリングポーチ付きで15,120円。


4,620円+キャリングポーチ分がお得なセットになっています。


はい、当然、当店でもこれを迷わず購入します。これだけで、本体付属のACアダプターを持ち歩かなくてすみますからね!!


 



スポーツパック『SPK-HCC』 ソニスタ価格:22,491円


これは当店では購入しませんが、海やスキーに持って行くなら必需品です。ちなみに現在はソニースタイルでは入荷待ちステータスになっていて、現時点では購入ができません。ですが、今のうちに予約を入れておかないと、これから、レジャー本番シーズンを迎えます。


こういうのを欲しい人は、この時期にみんな欲しいんです! 来年使おう!とか思っていると、その時には生産終了になっている、ってこともよくあるパターンですので、是非、今のうちに予約だけでも入れておきましょう!


 



ワイヤレスマイクロホン『ECM-HW1』 ソニスタ価格:21,000円


これも実は当店ではすでに購入済みなので、今回は買いませんが、自宅にホームシアターセットとかがあるようであればおすすめ! Bluetoothを使ったワイヤレスマイクになりますが、HDR-CX7に使うと、サラウンド収録のフロントセンター音声として、このワイヤレスマイクが使えます。


レポーター気取りで、被写体になる方の首元にネックレス風にマイクをぶら下げてもらって、その声を無線で収録することができる優れものです。コレ持って、旅番組収録ごっこをしたい!と思っているのは私だけではないはず!!


 



ソフトキャリングケース『LCS-SRA』 ソニスタ価格:4,442円


スマートに取り出せるアクティブジャケットケースです。ウエストバッグ、ショルダーバッグの2通りの使い方ができるらしいのですが、これを腰にぶら下げて、ガンマンみたいに撮影してみたい。。。ということで、これは当店でも購入予定です(^_^)v


 



メモリースティック『MSX-M8GS』 ソニスタ価格:37,800円
メモリースティック『MSX-M4GS』 ソニスタ価格:17,800円


さぁて、最後になりましたが、記録メディアのメモリースティックです。メーカー推奨が512MB以上となっていますが、記録するのはハイビジョン映像。データ量が莫大なものになるので、実質、8GBか4GBの大容量メモリースティックが必要になってきます。


動画記録時間



























HD画質モード2GBメモリースティック4GBメモリースティック8GBメモリースティック
AVC HD 15M (XP)約15分約30分約1時間
AVC HD 9M (HQ)約25分約55分約1時間55分
AVC HD 7M (SP)約35分約1時間5分約2時間20分
AVC HD 5M (LP)約40分約1時間25分約2時間55分


記録時間については上記の通りで、もし、最高画質のXPモードでの撮影を考えているようでしたら、8GBを使っても1時間だけ! 4GBでは30分になってしまいます。


まぁ、私がAVCHDハンディカムを使ってみた限りではSPモードまでは遜色なく使える感じなので、通常はSPモード、ここぞというときだけXPモード!長撮りするときはLPモード、という使い方をするとしたら、SPモードの2時間20分(8GB)、1時間5分(4GB)が目安になると思います。


AVCHDの各モードの画質について詳しく知りたい方は当店レビューの「HDR-SR1」の時の記事を参考にしてみてください。当店店頭で、このときのデモ映像を用意していて、50型ブラビアでご覧いただけるようにしているんですが、画質の劣化については言われてみないとわからない、ってレベルです。


特にSXRDという反応速度の速いデバイスでそうなので、液晶ハイビジョンテレビとかだと、ますますモードによる劣化の感じとかわかりにくいと思います。


 


で、実はここからは特ダネ、ってわけではないんですが、ちょっと裏話。


当店はソニーショップですのでソニースタイル購入だけでなく、ソニーマーケティングさんから仕入れを行うこともできて、その際も専用のサイトからメーカー在庫を確認したり、注文を行うことができるんですが、大容量メモリースティック、4GBは現在納期未定、8GBも7月上旬納期とかになっています。


ということは、なにが起こっているかというと、そう、HDR-CX7の予約注文が多い→一緒に大容量メモリースティックも必要→今までそれほど大容量メモリースティックの必要性って多くないので流通量が少ない→物不足が始まっているんです。


そうなんですよ。PSPが発売されたときも当時は512MBとか256MBとかだったんですが、ビデオ再生のために大容量メモリースティックが急に不足するようになって、品不足になったことがあるんですが、HDR-CX7の発売のおかげで、それが始まってしまっているんですよ!!


それはそうです。8GBとか4GBのメモリースティックって、今まではPSPで大量に動画を持ち運びたい、とか、αで大量に高画質写真を撮影する、とかの向きにしか必要性がなかったのに、CX7の発売のおかげで、8GBとか4GBの大容量メモステが急に大量に必要になってきたんですから!


今のところ、ソニースタイルさんでは各モデル在庫がありますが、CX7の受注開始になると、この大容量メモリースティックも一気に「入荷待ち」表記になるかも!!


15%OFFクーポンはまとめて購入すると全部まとめて15%OFFになりますので、メモリースティックも販売されているウチに一緒に購入しておきましょう!!(特にHDR-CX7を持って海外旅行とか行く予定の方は出発までに別のところで購入できるかどうかわかりません!)


ちなみに、当店ではすでにロケを組む予定があるんで、念のため、通常ルートでの8GBメモリースティックをソニーマーケティングさんに注文しています。ソニースタイルでも、購入できるメモリースティックを同時に注文します。(^_^)v


 



ちなみに、メモリースティックの上位規格である「HG-PRO」や、DVDライターは8月発売予定です。おそらく一緒の購入はできないと思いますので、ここはあきらめるというか、また後日購入しましょう。(もしかしたら、こういう新製品の受注開始と同時にいろいろな動きがあるので発売日が早まる可能性もありますが・・・)


 


ということで、ソニースタイルでの「HDR-CX7」受注開始の直前情報でした。


どれくらいの量の製品をソニースタイルさんで用意しているのかわかりませんが、製品発表時にうかがっていた話だとHDDタイプの方が主力で売れるでしょう、なんて話を聞いているんですけど、ソニーフェスタ等で生のお客様の声を聞いていると、どうやらCX7が大注目アイテムになっているようなので、このギャップがあると、ものすごい争奪戦になるような気がしてしまい(現にメモリースティックの在庫がなくなってるし)、一人、盛り上がっています。


ハイビジョン・ハンディカム「HDR-CX7」の購入を予定されている方は、念のため17時からの受注開始にきっちり備えた方がよいと思います。


 


なお、当店でも、本日だけは「HDR-CX7 受注開始キャンペーン!」ということで、営業時間を21時まで延長いたします。本日のみですが、当店店頭から「HDR-CX7」をご注文いただければ、CX7をオトクに購入できるスペシャルなサービスをプレゼント!(これも例によって、WEB上での告知ができません。) ソニースタイルさんを初めて利用される方でAV15%OFFクーポンをお持ちでないと言う方も、是非、この機会に当店店頭からスタメンになってみませんか!?


 



ソニースタイル「HDR-CX7」のご案内・最新情報はこちらから



ソニースタイル「HDR-CX7」の製品購入ページはこちらから


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ