みんなの地図2のPE測位精度を向上させよう!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

みんなの地図2のPE測位精度を向上させよう! [★ソニー新着情報]


月末業務で、それどころではないんですが、気になってしょうがない「みんなの地図2」。まだ全然いじっていないんですが、PlaceEngineの使い方でちょっとコツがあるみたいなので、簡単にご案内。



見てみると、説明書にもしっかり書かれているので、別にわざわざ、ここでご案内する必要もないんですが(^_^;)、流れだけ、流れだけご案内したいと思います。


今回の「みんなの地図2」には前作と違い、GPS、もしくはPE(PlaceEngine)を使って自分の場所を測位することができます。特に目玉はPEと表記されるPlaceEngineの方で、身の回りに飛んでいる無線LANの電波を使って自分の場所を特定します。


無線LANには位置情報の発信などはされていなくて、MACアドレスというワイヤレスLAN機器固有の信号があるくらなんですが、これを位置情報に利用してしまおう、というのが、ソニーさんの「PlaceEngine」の仕組み。


人間が特定の場所でWLANの電波を取得。それに位置情報を加えてサーバーに登録し、そのサーバーに蓄積された情報を使って、今度は逆に場所を特定しようって作業をしています。一度サーバーに位置情報を蓄積しないと使えない、というところがキモ。これがあったので、ソニースタイルさんの7周年記念イベントでは「電測大会」などが開かれていたってわけです。


さて、そんなわけで、今まではデータを蓄積する一方だったPlaceEngineだったんですが、そのデータベースをようやく利用するときが来たって訳です。


早速、利用してみましょう。



まずは、PSPのマップを出して、そこでスタートボタンを押します。マップメニューが出るので、ここで測位機能を選択。



測位するためのメニュー項目がでます。WLANが近くになさそうなときは「GPS」。逆に衛星の電波が捕まえられない室内などでは「PE」を選択します。このハイブリッドで測位ができるところが偉い! ここではウチの事務所の室内で試すので測位方法を「PE」にしておきましょう。


これで現在位置を測位すると。。。



はい、今、測位しています。待つこと5秒くらいですかね? GPSと比べると、かなりのスピードで位置を特定してくれます。



で、場所が出たんですが。。。ん?ここはどこだ?って、あ、これ、ウチが引っ越しをする前の麹町じゃないですか!?


実は説明書に書いてあったんですが、UMDディスクに収録されているデータは07年1月までの電波情報なんだそうです。なので、これは昨年12月以前にPlaceEngineに登録された、ウチのワイヤレスLANの情報を元に、位置を割り出したってことになりそうです。


そう、ワイヤレスLANはこうして引っ越しされると、精度が思い切り下がるんですよね。



で、ここで正しい位置にカーソルを移して、○ボタンを押すと、なんかPEログ保存とかいう、それらしいメニューが出てきます。



ここでPlaceEngineログを取得しますか?とか聞いてきますので、取得すると、このデータがメモリースティックに書き込まれます。


これで、次からはPE計測すると正しく四谷を示してくれるのか?っていうと、これはそんなことには利用できないんです。ここではログを取得しているだけ。ここで入力したデータはPSP単体では反映されないんです。


で、ここで登場するのが。。。



はい、ペタマップなんです。これはログインした後の画面なんですが、ここではっきり言っておきましょう。ここから先のペタマップの利用ですが、ID登録してログインしないと何もできません。「みんなの地図2」を、しっかりと使いこなすにはペタマップの利用が不可欠です。


悪いことは言いません。ペタマップに新規会員登録しましょう。



で、たぶん、この画面はログインしなくても見られるはず。まずはここで概要を読んでいただきたいんですが。。。とりあえず、先に進みますね。


ペタマップに会員登録して、利用できることってかなりあるんですが、ここでは「PlaceEngine」の精度をあげる方法だけご案内します。



ログインしてから上部メニューの一番右にある「PlaceEngine」という項目をクリックすると、PlaceEngineのマッピングデータダウンロードページに入れます。詳しくはそのページをしっかり読んでいただくしかないんですが、ここで先ほどのPlaceEngineのワイヤレスLANマッピングデータの最新版をダウンロードすることができます。


PCにダウンロードができたら、そのファイルを案内に従って、メモリースティックDuoの中にフォルダを作って所定の場所にファイルを置きます。



このあたりの操作は自動ではなく、全部手動。ダウンロードするファイルは今日の時点では16MBほどのサイズになっていました。案内の通りにメモリースティックDuoの中にコピーして、再度PSPへ差し込みます。


で、このダウンロードの案内と一緒にデータのアップロードの案内もあるんですが、実は先ほどの「PlaceEngineログ」というのはここで使うんです。これもメモリースティックDuoのどこにしまわれているのか案内があり、これをアップロードすることで、先ほどの自分で作ったログをPlaceEngineのサーバーに送ることになり、その後、データが反映されたマッピングデータをダウンロードすると、自分で入力した「PlaceEngineログ」が、自分のPSPで使えるようになるわけです。


まさに、みんなで作るマッピングデータシステム。これこそ、本当の意味で「みんなの地図」ってことになるわけです。


で、実はソニースタイル7周年イベントの参加準備で、当店のある四谷界隈については3月からワイヤレスLANの電測をしまくっている状態。何度も測位しているので、もしかしたら日本で一番精度が高い地区なのでは!?と思えるくらい。


先ほどダウンロードしたマッピングデータを使って、再度PE測位してみると。。。



はい、今度はバッチリ、当店の場所を正しく指してくれています。


おそらく、ここから四谷の駅までの間はかなり精度の高い測位ができるはず。これから帰宅途中に試してみたいと思います。


 


ということで「みんなの地図2」なんですが、PlaceEngineの測位精度を高めるためにも、まずはペタマップの会員登録。それとPlaceEngineのマッピングデータのダウンロードです!!


ダウンロードデータは現時点で16MBありますので、メモリースティックDuoは少なくとも32MB以上のものを用意しましょう!!(って、今時、そんな小容量のメモステを使っているのは私くらいかな?)


 


ULJS-00103 「みんなの地図2」GPSレシーバー同梱版
★ソニースタイル「みんなの地図2」のご案内はこちらから


 


当店レビューのPlaceEngine関連記事一覧
07.3.13「TB企画『PlaceEngine』関連なんでも」
07.3.16「首都東京の巨大地下街を『電測』せよ!を攻略しよう!」
07.3.17「AP狩り練習」
07.3.18「現在、電測中」
07.3.26「電測大会のイベントレポート掲載」


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ