新型ホームシアターシステム発表:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

新型ホームシアターシステム発表 [★ソニー新着情報]


さぁ、いよいよ「ソニーディーラーコンベンション」に向けて、ソニーの秋の新製品発表ラッシュがスタートしたみたいですね。


今日はDVD搭載の5.1chホームシアターシステム2機種がソニーから発表になりました。



まずは、10月10日発売の「DAV-DZ110」(オープン価格:ソニスタ価格39,800円)です。有線で接続する5.1chホームシアターシステムですが、目玉機能として自動音場補正機能「D.C.A.C. (Digital Cinema Auto Calibration)」の搭載があるようです。


こうした5.1chのホームシアターシステムって、ただ設置するだけではその効果の半分も発揮できなくて、設置後にリスニングポジションからスピーカーまでの距離、レベルなどを調整して、初めてその製品の性能を発揮できるモノなんですが、そのセッティングを付属のモノラルマイクを使って測定、調整をしてくれるんだそうです。


距離入力なんてメジャーがあれば面倒ですがやれないことはないし、レベル調整も同じ音量に聞こえるようにするだけなので、私の様なド素人にもやってやれないことはないんですが、「D.C.A.C.」を使うと、スピーカーのイチがリスニングポジションからみて左右非対称であっても、音の到達距離が異なったとしても、バランスを取ることができるんですって。


ホームシアターの音響効果を最優先するなら左右対称のスピーカーセッティングをした方が良いことに代わりはないんでしょうけど、リビングルームをシアタースペースにする場合は、そうも言っていられない場合が多いですからね。


価格もDVDプレーヤー込みでこの価格ですし、ちょっと良いかもしれませんね。


 



それともう1機種がリアスピーカーにワイヤレス光伝送を採用した「DAV-LF1H」(オープン価格:ソニスタ価格298,000円)です。こちらもリスニングルームというよりはインテリアを重視した空間にセッティングできるサラウンドシステムです。


部屋の中で設置場所が限定されているときに「D.C.A.C.」は威力を発揮しそうで、特にプレスリリースを読むとこちらのシステムでは6バンドイコライザーを用いて周波数特性の補正までしてくれるみたい。


さすがにここまでのセッティングを自分で行う自信は私もありませんので、プロの耳に近い感覚でのスピーカーセッティングができるなら、たとえ、ソニースタイルでの販売価格がちょっと桁違いでも試してみたい気がしまくります。


こちらのシステムも10月10日発売です。


 


すでにソニースタイルでも製品の掲載がありますし、詳細をご覧になってみては!!


 


★ソニースタイル「5.1chホームシアターシステム」のご案内はこちらから


★ソニードライブ プレスリリースのページはこちらから


 


 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

K

おじゃまします
最近は5.1chもずいぶん安価になってきましたね。フロントサラウンドもとても良かったけれどこの値段(39800円)で5.1chが買えるのならお買い得ですね(^^)。
by K (2006-08-28 23:35) 

店員佐藤

♪Kさん、こんばんわ。
4万円前後の価格レンジで、昔からホームシアターセットは
あったんですが、DVDプレーヤー込みで、しかもマイクロホンでの
音場セッティング機能付きでというのは信じられません。
価格破壊です。

まぁ、実際に購入される場合は「DAV-DZ110」の場合、
スタンドも別に購入する必要があるので、それも考えて
おかないといけませんね。
by 店員佐藤 (2006-08-29 00:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ